崔 宣葉

『大樹の根っこユナ』(崔宣葉著)の表紙より

 

 宣葉さいせんよう の部屋

 

自己紹介

私は、崔宣葉と申します。京都府在住です。2016年に随筆春秋の会員となりました。もともと書くことが大好きで、エッセイだけでなく、小説も執筆しております。

『大樹の根っこユナ』という作品があります。これは、波乱万丈の人生を送った、私の義母をモデルにした小説です。昔、『おしん』というテレビドラマがありました。義母は、毎日のようにその『おしん』を観ながら大いに泣いておりました。泣いた後で、「おしんは本当にかわいそう。だけど、私も若いころはおしん以上に苦労したのよ」といったものです。義母とは、主人の母のことです。

『処女卒業』は、文芸社の熱心な勧めで書き上げた、おとなの恋愛小説です。一昨年の暮れに上梓しました。手に取ってご覧いただけると光栄です。

「崔宣葉の部屋」には、これから小説だけでなく、書きためたエッセイも少しずつ公開していくつもりです。

事務局の池田さんにお会いしたら、共通の知人に、韓国の偉大な作家で脚本家の、はん雲史うんさ先生がいることが分かりました。先生は生前、「人間を語りなさい。人間こそが最大のテーマだ」とおっしゃっていました。

まだまだ未熟ですが、私は、人間が描ける書き手になりたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 😳 電子音声CLICK!

 

著書紹介

崔宣葉さんの著書です。上梓した順番に掲載しました。表紙画像の下が発売日です。

作品タイトルをクリックするとAmazonの販売サイトに飛びます。

『処女卒業』

『六月の優しい雨』

『大樹の根っこユナ』

『イヨボヤ』

『オーシャンブルー』

 

 

このたび特別に作者の崔さんから事務局に『処女卒業』を贈呈していただきました。そこで会員限定10名様にこの本を差し上げます。ご希望の方は事務局までご連絡ください。(2021/03/06)

 

作品掲載

次ページから崔宣葉さん作品を掲載しています。

「道しるべ」(2Pに掲載)

「脳は助っ人マン?」(3Pに掲載)

「七十歳・私のバイブル」(4Pに掲載)

「大宰府天満宮へ」(5Pに掲載)

「続・大宰府天満宮へ」(6Pに掲載)

タイトルとURLをコピーしました